「定額制音楽配信サービスが流行るには?」

今回は定額制の音楽配信サービスが流行るためには

何が必要なのか考えたい。

 

近くサービスを開始するであろう黒船のSpotify

Facebookのようにあっという間に日本市場を席巻する

可能性はある。

 

一方でLINEという巨人がLINE MUSICでこれまでと違う

新しい音楽サービスをぶつけてくるであろうことから、

今年は定額制音楽配信元年になる可能性はある。

 

いずれも品ぞろえやプロモーション展開の勝負だろう。

 

しかしながら、ユーザーの立場からすると

YouTubeでいいじゃん」、

という思いもある。

 

ちょっと聞きたいだけなら、あらゆる音楽が無料で聴けるYouTube

しっかり高音質で聴きたければCDを買うか、

iTunesでアラカルト購入すればよいわけで、

なかなか定額を支払って音楽を聴くというハードルを

超えられないのが現状だ。

 

もちろんSpotifyは海外では無料の広告モデルがあるが、

日本の音楽レーベルは無料での配信をきらうケースが

あるため、楽曲使用の交渉が難航している可能性もある。

 

そんななかで最近、ブレイクスルーポイントはハードウェア

にあるのではないかと思っている。

 

たとえばBluetooth スピーカー。

 

スマホとスピーカーをBluetoothでワイヤレス接続して

気軽に音楽を楽しめる製品なのだが、私の注目はこの春

楽器メーカーのLINE 6社から出たAMPLIFiという製品。

こちらは、比較的小型のギターアンプなのだが

5スピーカー・ステレオシステムを搭載し、

なんとBluetooth スピーカーとしても利用できる。

AMPLIFiの本当の凄さはこれではないのだけど、

ここでは割愛します)。

 

つまりギターを弾く時はアンプとして、弾かないときは

ワイヤレスオーディオとして楽しめるのだ。

しかも出力75W150W2タイプがあり、

いずれを選んでも室内で聴く分には十分なパワーだ。

そうなると、定額制音楽配信サービスを利用して

常に新しい音楽をリビングで楽しむなんてスタイルも

イメージしやすい(手に入れられたらレビューします)。

 

ちなみにBluetoothは転送容量の問題で音源が

圧縮されてしまうため、音質が多少劣化するが、

このあたりもだいぶん改善されてきているようだ。

 

このようにハードウェアがより魅力的なれば、

そこで楽しむソフトのニーズも高まり、

定額制音楽配信にも新たな活路が見出せるかもしれない。

 

配信サービスを1年契約したら高音質のワイヤレススピーカー

を無料でプレゼントとか、逆にスピーカーを買ったら

1年間配信サービスを無料で利用できるなど、

ハードウェアとの組み合わせで、プロモーションするのも

ありではないだろうか。

 

かってAppleiPodという魅力的な製品を発明して

iTunesという音楽プラットフォームを一気に

ブレイクさせたようにソフトとハードは表裏一体、

一心同体だ。


2014.05.23 19:38

「地ビールならぬ"地はちみつ"が世界をつなぐ」

銀座ミツバチプロジェクトは時折メディアにも取り上げられていて

ご存知かと思うが、実は渋谷にも「SHIBUYA328」という

渋谷みつばちプロジェクトがある。

 

https://www.facebook.com/328project

 

先日たまたまこの渋谷のプロジェクトのSさんとお話しする

機会があったのだが、行動力の塊のような方で、

興味深いお話がたくさん聞けた。

 

Sさんは東日本大震災の3日前、201138日に

渋谷駅前のビルの屋上でミツバチの飼育をはじめた。

 

採れたはちみつは「渋谷のはちみつ」として販売されて、

渋谷観光のお土産の一つになっている。

 

みつばちプロジェクトの目的は、ミツバチが集めた

はちみつを大切に味わうことにより、自然を感じ、学び、

地域の環境作りに貢献することだ。

町興しにもつながるし、人と人との輪も広がる。

 

いいことづくめなこのみつばちプロジェクトの噂は

他の自治体や商店街にも広まり、Sさんはみつばち先生として

引っ張りだこになる。

その輪は代官山、中目黒、青山、羽田、笹塚、錦糸町などに

拡がって行った。

 

そしてなんと、その噂は世界に広まり、

ついにカンボジアのアンコールワットからお声がかかった。

カンボジアは近隣国に比べて近代養蜂が導入されておらず

みつばち発展途上国のようで、渋谷のみつばち先生Sさんに

白羽の矢が立ったわけだ。

 

カンボジアがはちみつ作りを成功させればもしかしたら、

はちみつ輸出国として一つの産業となるかもしれない。

「アンコールワットハニー」なんてロマンたっぷりだ。

 

はちみつは、その土地に咲く花の蜜からできている、

まさにその土地の味だ。地ビールならぬ地はちみつが

世界中にひろまりつつある。

 

ちなみにSさん、本業は街の不動産屋さん。

今は家族に仕事を任せて、はちみつに全力投球なんだとか。

 

アンコールワットでの成功を記念しております。


2014.05.15 14:30

「12歳のベーシスト」

先日、大変お世話になっている亀田誠治さんが主宰する

「第二回亀田杯ベース選手権大会」を観覧させていただいた。

 

http://kame-on.com/kamedahai/

 

腕利きのアマチュア、セミプロのベーシスト300名以上の

応募者の中から選ばれた、10代から40代までのファイナリスト

8名がそれぞれ個性的なベースパフォーマンスを繰り広げた。

これがアマチュアなのか?って思うほどレベルの高い大会だ。

 

そんな達人たちを押しのけてグランプリとなったのはなんと

まだあどけなさの残る弱冠12歳の中学1年生!

 

テクニックだけで言えば他のファイナリストと比べて

抜きんでていたわけじゃないけど、披露した自作曲が

とってもキャッチー&ピュアで、メロディメーカーとしての

能力の高さも大きく評価されたのだと思う。

さらに優勝者はDo As Infinityのレコーディングに

ベーシストとして1曲参加できるということで、

こちらも楽しみだ。

将来は亀田さんのような素晴らしい音楽家に

なることだろう。

 

なお、ファイナリストには残らなかったが、

あと一歩という方には特別賞が贈られていたのだけど、

その中に30代半ばで子育て中という女性がいた。

30過ぎてからベースを始めて、歴4年だそうだが

今ベースが楽しくてたまらないそうだ。

 

音楽はいつから始めても早すぎることは無いし、

遅いなんてこともない。大勢でもできるし一人でもできる。

今はライブだけじゃなくYouTubeやニコ動など活動の場は

たくさんある。楽しみ方はひとそれぞれだ。

 

ベースの達人たちの技を堪能しつつも、「自分もがんばらなきゃ」

という気持ちにさせられる、刺激的でポジティブなベントだった。

次回第三回にも期待!


2014.05.12 13:21

「街から消えた不動産屋?」

久々のブログ更新です(汗)。

今後は週一目標で更新したいと思います。


さて本題。


不動産屋というと、駅前のビルの1階の路面店で

ガラスに間取り図がべたべた貼ってある、、、

そんなイメージではないだろうか。

 

先日建築会社に勤める親友と話していて

不動産店の話になったのだが、最近の不動産店は

1階の路面には無いんだそうだ。

 

確かにそういえばあまり見かけない気がする。

 

不動産はもうネットを見て探す時代だから、

実店舗は賃料の高い路面店にある意味は無く、

賃料の安いビルの上階でもいのだと彼は言っていた。

 

なるほどね。

 

WEBでは当然室内の写真も見られるわけだが、

その友人は、室内写真には必ずテーブルとお花を

入れろと指示をしているそうだ。

 

テーブルやお花が一輪あるだけで、特に女性は

その部屋での生活をイメージしやすくなるらしい。

 

ちょっとした工夫が、見る人の想像力をかきたてる。

不動産に限らず、とっても大事なことだなと

改めて考えさせられた。




2014.05.02 16:26