70代のカメラマン:

キャンドル.JPG


先日、近所にある野鳥の保護区で、湿地に関する国際条約

(ラムサール条約)登録20周年の記念イベントが開催

されたのだが、私もボランティアでイベントの

USTREAM中継のお手伝をさせていただいた。


その際に、同じくボランティアで参加されていた

ビデオカメラマンのチームのみなさんがなんと

70代の方々だった。


リーダーは同じく70代の女性で、テレビ局のような

プロユースのSONY製デジタルビデオカメラと3脚を

担いでイベント会場を所せましと動き回って

いらっしゃった。


時には地上から、時にはビルの屋上からと、

そのアクティブで現役感たっぷりの行動に

驚かされた。失礼ながら見た目は(若々しいとは言え)

普通のおばあちゃんなのだけど、最新のデジタルカメラ

を使いこなす姿はかっこいい。

だって70代の女性が野鳥観察センターの建物2階の

屋根に上ってカメラ回すんですよ。

その画像をネット中継している私(笑)。

 

この方々、ビデオカメラを趣味とされているそうで、

昔からこの野鳥の保護区で野鳥の姿をビデオに撮影

されているのだとか。

カメラのアングルの狙い方とかもとても良くて、

ほんとアマチュアの域を超えていた。

 

そんな姿を拝見していて、趣味でも仕事でもいいので、

何かちょっとした技能を身につけておけば、

将来リタイアした後でもいろんなところで

社会貢献できる、そんな人生っていいなあと感じた。

 

あと、個人的にはITボランティアもこれからニーズが

増えるのではないかと思う。

地域のイベントは比較的高齢者がスタッフとして

運営されている場合が多いので、ITスキルは

あまり高く無い。

だから例えば今回のようにUSTREMでイベントを

中継するなどのボランティアは意外に喜ばれるのだ。

これなら若い人たちも地域のイベントやコミュニティ

に貢献できるし、世代の違う方々とコミュニケーション

できるのはちょっと嬉しい。

 

イベントの実行委員長は、スピーチの度に

「今このイベントはUSTREAMで全世界に中継されております!」

と声高におっしゃっていた。


いや、今10数名しかみてないんですけどね(汗)。

 


2013.08.26 14:42

リスナーと共にイイ音楽を作りたい!J-CROWD MUSIC誕生!

先日のJ-WAVEメルマガで同タイトルのコラムを書いたが

このブログではもう少し突っ込んでリライトしてみた。

 

先週末のJ-WAVE LIVEではいくつか気付きを与えてくれ

素晴らしい演奏があった。

サカナクションの完成された演出。

ほぼ全ての曲を繋げて演奏し、照明と

エレクトロニックサウンドと、生演奏を

見事にまとめ上げたパフォーマンスには

息つく暇ない圧巻のステージだった。

 

もうひとつはアンジェラアキ。

サカナクションと異なり、たった一人で

ピアノ弾き語りのパフォーマンスだが、

ピアノをたたき壊すんじゃないか

というくらいの迫力ある演奏と、

ツボを得たMCは健在。

絢香とのコラボもあって個人的NO.1

 

サマソニも盛況だし、夏フェスは相変わらず

増え続けていてどこも盛況だ。

音楽業界は安泰だ。。。

 

・・と思いきや、

 

CDのセールスチャートに目を転じてみると

そこに名を連ねるのはアイドルとアニメばかり。。

 

もちろん、アイドルやアニメも日本を代表する

文化ではあるが全体のバランスからしてちょっと

おかしくないだろうかと違和感を持つ方も少なくないと思う。

 

実際CDのセールスはほんと厳しい。

最盛期の半分以下だ。

音楽配信があるじゃないかというかもしれないが、

音楽配信の利益はCDに比べてとても薄利だ。

CDがちゃんと売れてくれないと音楽業界はうまく回っていかない。

 

YOUTUBEなどの動画共有サービス、有料・無料の

音楽聞き放題サービスの登場など音楽を取り巻く環境は

激変している。

しかし、それらが音楽産業を盛りたてる構図には必ずしも

っていないのが現実だ。

売れ線だけをリリースしていたらいつか才能は消えてしまう。

 

だからこそ当に良い音楽を、それを求めるリスナーに届けたい・・

Give Music a Chance(音楽にチャンスを)!

 

そんな想いのもとにJ-WAVEは来月9月に、

音楽専門クラウドファンディングJ-CROWD MUSIC】を

スタートさせることになった。

 

クラウドファンディングって何?という方も多々いらっしゃるかと

思うのでちょっと解説。

 

クラウドファンディングとは起案された様々なプロジェクトに対して

一般の方が小額(数千円~)の出資を行い、プロジェクトが

立ち上がった際に、産み出されたサービスや製品を出資者が

受け取る仕組みだ。

 

例えば、凄く良い音楽を奏でるアーティストがいて、

そのアーティストがCDをリリースするために

100万円必要だとする。

 

この音楽のデモを聴いて共感した人達500人が

それぞれ2,000円出資すれば100万円が集まり、

目標金額達成でCDをリリースすることができる。

 

出来上がったCDには出資者の名前が印刷されるとか、

サイン入りCDが送られてくるとか、ライブに招待されるなど、

出資者はモノやサービスで出資の対価を得ることができる。

 

つまり、このアーティストを世に送り出したのは

出資してくれたリスナーなのだ。

 

本当に良い音楽を、ファンが支える仕組みを作る。

これがJ-WAVEが目指すクラウドファンディング「J-CROWD MUSIC」。

 

プロジェクトは音楽に関係していれば何でもOK。

例えば、

 

・これまでと違う新しい音楽フェスを立ち上げたい

・音楽映画を制作したい

・こんなトリビュートアルバムを作りたい

・こんな楽器を作りたい

・音楽で町興し

 

などなど、様々な音楽プロジェクトが考えらる。

その企画、コンセプトに賛同した方々が

J-CROWD MUSIC」に集まれば新しい音楽の扉が開くのだ。

 

これからの音楽シーンをプロデュースするのは

リスナーのみなさんだと言っても過言ではない。

 

そして、あの音楽プロデューサー亀田誠治さんが

このコンセプトに共感いただき、プロジェクトデザイナーとして

ご参加いただくことになった。

さらには2500万人の会員を有するクレディセゾンさん、

850万人の会員を抱えるイープラスさんとも連動し

コラボレーションしていく。

 

J-CROWD MUSIC」の事前サイトもオープン中。

興味を持っていただけたらぜひアクセスしてみてください。


>> http://www.j-wave.co.jp/jcm/

 

ぜひみなさんと一緒に新しい音楽の扉を開きましょう!


2013.08.20 12:41