マイクロソフトのタブレットSurface RTがいいね!:

先日マイクロソフトとの打ち合わせの際、

担当の方がSurface RTを使っていたので

ちょいと触らせてもらったらこれがとても

いい感じだったので、その日のうちに

量販店に走ってゲットしてしまったw。

早速ちょっとレビューしてみたい。

 

結論から言うと、RTは仕事で使えるタブレットだ。

 

まず、Surfaceをご存じ無い方のために、

少々説明すると、これはマイクロソフトが

自社ブランドで発売したWindows8マシンで、

RTPROの2種類が発売されている。

 

RTはいわゆるタブレットPCiPad

Galaxy TabNexus10あたりがライバルだろう。

 

ちなみにPROPCの部類に入るので

ノートPC全般がライバルかな。

 

見た目がそっくりなRTPROだが、RT

タブレットなので、専用のアプリマーケット

であるWindows store以外のアプリが

使えない点など制約がある。

逆に、PROは高機能だが価格も倍以上し、

重量も厚みもある。

 

気軽にサブ機で使うならRT、もう少し本格的に

使うならPROという選択だろう。

 

さて、Surface RTの最大魅力はMSオフィスが

バンドルされていること。そして今なら何と

3万円台後半で購入できることだ。

 

マイクロソフトは先月のiPad値上げに対抗?

してSurface RTをなんと真逆の1万円値下げ

戦略に打って出た。

 

MSオフィスが入って3万円台は、はっきり言って

バーゲン価格。ワード、エクセル、パワーポイント

がバンドルされているので、とっても便利。

 

しかもMSのクラウドサービスである

Sky DriveでメインPCとファイルを共有

しておけば、どこからでも書類の編集が可能だ。

 

そして、画面操作のサクサク感、起動の速度、

電池の持ちもiPad並みで気持ちいい。

 

しかし、いいことばかりではない。

 

RTの最大の弱点はアプリストアの貧弱さ。

後発だけにまだまだiPadApp storeとは

数、質の面で天地の差がある。

ただ、アプリの審査はちゃんと人がやって

いるので、ウィルスに関してはGoogle Play

よりは安心して使えそうだが。

 

また、別売りの純正キーボードである、

Surface RTPro兼用Type Cover D7S-00020

秀逸!1万円程度するが、ごく薄で打ちやすく

ノートPCのように使えるのでお勧めだ。

 

結論:

RTはビジネスマンが仕事で使えるタブレットだ。

コストパフォーマンスはかなり高い。

しかし、MSオフィスは使わない方、ゲームも

やりたいという方ならアプリが豊富なiPad

軍配が上がる。

 

ということでマイクロソフトSurface RT

個人的にオススメである。

 


2013.07.09 18:40