「新手の携帯電話詐欺か!?電話番号304番の謎(後篇)」

(前回からの続き)

 

謎の電話番号304と電子音、そしてすぐにかかってきた

国際電話。

 

会議に同席していた技術者がその場でネットで調べた

ところ、海外には自分の発信番号をいつわって電話

できる技術があるとのこと。

その技術を使ったのは間違いない。

 

さらには謎の電子音。通話中に何か情報を抜き取る

技術でもあるのか?

そもそも私の名前を何故知っていたのか。

 

心当たりがあるとすれば、今人気の無料のチャットサービスか。

このサービスに登録すると、ご存知の通り携帯電話番号が

自動でサーバーにアップされるので、やろうと思えば

電話番号と名前は簡単に照合できるのかもしれない。

 

すぐさまauのお客様電話に連絡し、事の顛末と

私なりの推測を伝えたところ、対応してくれた男性は

「そのような事例は聞いたことがないのですが・・」

とのこと。

 

いずれにせよ、私の携帯電話番号が謎の組織に知れて

しまったので、少なくとも先ほどの国際電話番号からの

着信を拒否したい旨を担当者に伝えた。

 

すると、「iPhoneには着信拒否の機能が無い」

というではないか。他のスマホにはその機能があるとのこと。

このためiPhoneユーザーにはキャリア側で有料で、

最後にかかってきた電話を登録して着信拒否できるサービス

を提供しているとのこと。

 

仕方ない、「それならそのサービスに入ります。」

ということで、設定を試みたところうまくできない。

再びauのお客様電話担当者にその旨を伝えると、残念な回答が。。。

 

「すみません、このサービスは国際電話には対応していません。」

 

なんと!これではブロックできないではないか。

iPhoneにはこの不気味な状況に、一切対処する手立てが無いのだ。

残念。。。。。

 

あれから1週間以上が経過したが、その後あの国際電話

からの着信は無い。

 

この仕組みを使えば青少年や老人を標的にしたあらたな

犯罪がはびこらないとも限らない。

ネットや携帯電話における犯罪はメーカーやキャリアそして

サービスプロバイダーが力を合わせて阻止してもらいたいものだ。

 

 

 
2012.11.12 17:06