ラジオ界に激震

今日ラジオ業界に激震が走った。

名古屋のFMRADIO-i9月末で

停波することを発表したのだ。

 

停波とは電波を出すのを停止する、

つまり廃業するということ。

会社自体も自主清算となる。

 

広告費の減少に伴い、事業継続が

困難と判断した結果である。

 

これまでにも経営難に陥ったFM局は

少なからずあったが、いずれも事業譲渡で

放送自体は継続している。

今回の停波は異例の事態だ。

 

放送局は潰れないという都市伝説は崩壊した。

 

雑誌の相次ぐ休刊、大手新聞社の赤字転落、

ラジオ局の倒産。。。。

 

メディアは今こそ特権意識を捨てて、

ベンチャー精神に立ち返る必要があると

私は思う。

 

 

 
2010.06.16 19:38