日本の自動車業界の未来は明るい!

IMG_0463.jpgのサムネール画像

週末幕張メッセにイベントの仕事で行ってきた。そう、東京オートサロン

クルマ好きの僕だけど、実はオートサロンは初体験。どんなもんかいなと足を踏み入れたとたんビックリ!

 

人、人、人・・・。歩くのも困難なくらいの大賑わい。東京モーターショーと、開催期間が異なるので一概に比較はできないが、人口密度や盛り上がりはモーターショーを凌駕していた。凄いぞオートサロン、でもちょっと酸欠状態だ。。

 

実際ブース間を移動するのも大変なくらいの混雑。もちろん、コンパニオン目当てのカメラ小僧も少なからずいたのだが、それにしてもこんなにクルマ好き(マニア?)がいたのかと、ちょっと嬉しくなった。

イベントもはっきりいってバブリーな雰囲気満載。でもこの不況の中、イケイケドンドンな感じが逆に勇気づけられたなあ。

 

モーターショーはほとんどエコ、エコ、(アザラクでは無い)で、まあそれはそれで大切なのだが、クルマ好きからしたら物足りないイベントになってしまっていることは確か。それに比べると、東京オートサロンはエンターテインメントの要素がギッシリ!

かっこいいカスタムカーもあれば、笑っちゃうのもあって、興味無い人でも見ていて楽しい。

アイドルのショーや、現役レーサーのトークバトル(みんなとってもしゃべりが上手)など、各ブース飽きさせない演出が詰まっている。

 

実は東京オートサロンって、業界団体なんかの主催ではなく、イチ雑誌社(三栄書房)がやっているイベントなのだ。だから、クルマ好きを楽しませるツボを心得たイベントなのだと感じた。

まさに、クルマ業界のロッキンジャパン!?。

 

また、エコ路線を走ってきたトヨタ自動車がカスタムの新ブランドを発表し、スポーツ路線にも大きく舵を切った。クルマ好きにはとっても楽しみな出来事だ。実際FT-86 G Sports Conceptは久々に興奮したクルマだ。

 

メーカーも売りっぱなしではなく、カスタムなど、購入後のお客様とのコミュニケーションに本腰を入れていくのだろう。バイクのハーレーダビッドソンはそれで成功したのだから。

 

クルマの未来は決して暗く無い。メーカーが本腰を入れてクルマの楽しみ方を提案すれば必ずお客さんは戻ってくる。そんな気にさせるイベントであった。

 

 
2010.01.18 21:09 | カテゴリ:日常