CDとDVDの市場はどうなる

  

ジャケ.jpg

 

昨日はCDDVDのネット通販の会社社長と打ち合わせ。

 

CDDVD通販業界の興味深いお話をいくつか伺った。

 

 

音楽不況はご存じの通りだが、CDは売れていないし、

ダウンロードも頭打ちでレコード会社は厳しい状況に

立たされている。

 

着うたフルも伸びはとっくに止まって横ばい状態だ。

 

 

そもそも日本のCDは高すぎる。1枚3,000円近いと

社会人の僕だってなかなか気軽には買えない。

新譜でも1,800円くらい(新書くらい)にしてくれないとね。

 

 

思うに、アーティストに取り巻きが多すぎる。

インタビューゲストに来るだけでなんでこんなに

大勢ぞろぞろスタッフが付いてくるんだっていう

アーティストは少なくない。

本人とマネージャー1人だけでいいだろ?って思う。

その人たちの人件費を考えた方が良いぞ多分。

 

 

さて、そんなCDの市場は現在2,500億円ほど。

意外なことにDVD3,500億円で、CDを上回っている。

ちなみに本は2兆円規模だ。

 

 

さらに、意外なのは本のネット通販率は実は低いということ。

アマゾンが頑張っていても全体の率から言えばCDDVD

遠く及ばないそうだ。

 

ちなみにDVDのネット購入率は市場全体の約38%とのこと。

CD20%くらいじゃないかと社長はおっしゃっていました。

 

DVDは安売りができるので赤字で客を集めているサイトも

あるそうな。

 

 

CDの小売店(リアル店舗)はどこも苦戦。

前年マイナス2030%は当たり前。

でもサイトでの販売は横ばいか微増だそう。

つまり購入者はどんどんネットに流れている。

 

CDがネット通販でしか買えなくなる日が近いのかも。

 

 


2010.01.29 11:22

飲みながら我思う

 

SN380124.jpg

 当ブログ右側に私のtwitterのつぶやきも付けました。よろしければフォローしてみてください。

 

 さて、上の写真は先週伺ったFirefoxさんの新年会。日本では25%近いシェアを誇るナンバー2のブラウザーなんだけど、パーティはとてもアットホームで良かった。

 FirefoxはMozillaという組織が出しているブラウザーなのだが、実は非営利の公益法人なのだ。だから必要以上に儲けてはいけないそうです(笑)。

 代表理事の瀧田さん(女性)はかってインターネット創成期にNetscapeを日本で立ち上げた方。ウーマン・オブ・ザ・イヤーにも選ばれたスーパーウーマンです。とっても気さくな方です。

 

 で、昨日は旧知のIT制作会社の社長氏と会食。会社におけるニハチの法則について論議。

 

 ニハチの法則とは正しくは「パレートの法則」と言い、例えば会社で言えば全体の20%の社員が残りの80%の社員を養っているという法則。これはどんなに優秀な人ばかり集めてもやがてニハチに分かれるそうな。

 小さい会社でも少しづつ社員が増えるに従ってやがてニハチの法則は現れる。

 でも、そんな8割になってしまった社員でも、思い切って責任感ある業務を担当させてみれば再生するというのが氏の持論。なるほどね。

 

 飲み終えて東京駅の京葉線のフロアに降りたら通路に20人を超える浮浪者が寝ていた。

 

 東京駅でこんなに浮浪者がいるのを見たのは初めて。そろそろ抜本的対策を実行しないと日本はまずいぞホントに。

 


2010.01.27 18:58

日本の自動車業界の未来は明るい!

IMG_0463.jpgのサムネール画像

週末幕張メッセにイベントの仕事で行ってきた。そう、東京オートサロン

クルマ好きの僕だけど、実はオートサロンは初体験。どんなもんかいなと足を踏み入れたとたんビックリ!

 

人、人、人・・・。歩くのも困難なくらいの大賑わい。東京モーターショーと、開催期間が異なるので一概に比較はできないが、人口密度や盛り上がりはモーターショーを凌駕していた。凄いぞオートサロン、でもちょっと酸欠状態だ。。

 

実際ブース間を移動するのも大変なくらいの混雑。もちろん、コンパニオン目当てのカメラ小僧も少なからずいたのだが、それにしてもこんなにクルマ好き(マニア?)がいたのかと、ちょっと嬉しくなった。

イベントもはっきりいってバブリーな雰囲気満載。でもこの不況の中、イケイケドンドンな感じが逆に勇気づけられたなあ。

 

モーターショーはほとんどエコ、エコ、(アザラクでは無い)で、まあそれはそれで大切なのだが、クルマ好きからしたら物足りないイベントになってしまっていることは確か。それに比べると、東京オートサロンはエンターテインメントの要素がギッシリ!

かっこいいカスタムカーもあれば、笑っちゃうのもあって、興味無い人でも見ていて楽しい。

アイドルのショーや、現役レーサーのトークバトル(みんなとってもしゃべりが上手)など、各ブース飽きさせない演出が詰まっている。

 

実は東京オートサロンって、業界団体なんかの主催ではなく、イチ雑誌社(三栄書房)がやっているイベントなのだ。だから、クルマ好きを楽しませるツボを心得たイベントなのだと感じた。

まさに、クルマ業界のロッキンジャパン!?。

 

また、エコ路線を走ってきたトヨタ自動車がカスタムの新ブランドを発表し、スポーツ路線にも大きく舵を切った。クルマ好きにはとっても楽しみな出来事だ。実際FT-86 G Sports Conceptは久々に興奮したクルマだ。

 

メーカーも売りっぱなしではなく、カスタムなど、購入後のお客様とのコミュニケーションに本腰を入れていくのだろう。バイクのハーレーダビッドソンはそれで成功したのだから。

 

クルマの未来は決して暗く無い。メーカーが本腰を入れてクルマの楽しみ方を提案すれば必ずお客さんは戻ってくる。そんな気にさせるイベントであった。

 


2010.01.18 21:09 | カテゴリ:日常

はじめました。

風景.jpgのサムネール画像

 


とうとう冷やし中華、ではなくblogを始めることにしました。読んでもらってナンボのblogですから、業界ネタ交えつつ、面白がってもらえる内容にしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

今回はまず自己&自社紹介。


趣味はバンド(ROCK)&バイク(H/D)な千葉県在住の40代。

卒業後、大型汎用コンピュータのコンサル会社~某通信社のSE勤務を経てラジオ局J-WAVEに転身し、インターネット関連業務を担当して早10余年。2006年には来るべきインターネット社会を見据えてIT戦略会社J-WAVE i を設立。2年前から代表としてやらせていただいている。

ま、社長といったって雑用もやってるし、社員のみんなは社長とは思ってないんじゃないかな(笑)。

さて、弊社はIT、放送、音楽、各業界のクロスオーバー的なスキルや経験値、技術力をベースに、希少なITエンタメ・ソリューション会社として様々な企業のお仕事をさせていただいている。

業務は主に一般企業のPodcastとか動画配信を、企画から制作、配信、PRまで一気通貫かつ、ローコストでてがけさせていただいたりしているのだが、最近はリアルイベントのプロデュースもやっていて、今週末も某社のリアルイベントがある。楽しみ半分、緊張も走る。今回は準備期間も少なかったしね。この模様は後日当blogでも報告しましょう。

とまあ、こんな会社です。何かWEBで面白い企画やってみたい、そんな方はぜひ気軽にお声掛けください。いまさらTwitter提案したりしませんから(笑)。


2010.01.15 12:01 | カテゴリ:日常